つりのことなら俺に聞け


by a0bi45hr4j
 約60年ぶりの「平成の大遷宮」に伴い、国宝・本殿の大屋根修理が行われている出雲大社(島根県出雲市)で、檜皮葺(ひわだぶき)下に、「刻苧(こくそ)」と呼ばれる漆器作りなどの伝統工芸技法が使われていることが18日、わかった。神社建築では珍しい技法だが、雨漏りを防止する目的で使用されていたとみられ、建築専門家や関係者らから注目を集めている。

 刻苧は、生漆(きうるし)に刻んだ麻や木粉を混ぜ、漆器の素地の合わせ目や割れ目をふさぐ充填(じゅうてん)剤として使われる伝統工芸技法。

 檜皮(厚さ約30〜90センチ)下の野地板と目板の継ぎ目などに幅約1センチ、深さ6ミリ前後に約30センチ間隔で埋め込まれていた。埋め込んだすき間の総延長は約800メートルにもおよび、膨大な量の漆が使われたとみられる。現在の本殿が江戸中期の延享元(1744)年に建立された際に使用された可能性が高いという。

 屋根修理は延享以来、今回で4回目になるが、記録には残っていなかった。9月から大屋根の檜皮をはぐ作業をしたあと、設計監理する文化財建造物保存技術協会の今井成享所長らが突き止めた。

 全国各地の社寺に詳しい今井所長は「下地に野地板が三重に張り、継ぎ目には漆を埋めるなど二重三重にも雨漏れの対策をしている。当時の職人たちの丁寧な仕事ぶりが垣間見え、日本木造住宅の原点を伝えている」と話す。

 一方、文化庁文化財部の村田健一・主任文化財調査官は「昭和28年の遷宮記録にもなく貴重な発見。今後の調査も期待でき、日本を代表する神社建築の大社造の全容を解明してほしい」と期待を寄せている。

【関連記事】
新年を前に、井戸を清める「御饌井祭」 出雲大社
出雲大社ですす払い
出雲大社 新年の縁起物作りが急ピッチ
神々に見守られた“表玄関” 出雲大社前駅
八百万の神に縁結び祈る 出雲大社で初の「大祭」

民主党、党大会で参院選1次公認候補の発表を見送り(産経新聞)
「自らの命をもって償う以外にない」そのとき被告は体をねじり…(産経新聞)
SNA機が羽田に緊急着陸、車輪にトラブル(読売新聞)
<阪神大震災>「中越」被災者が交流 山桜の箸贈る(毎日新聞)
石川議員、13日に再聴取=土地購入代の性格追及−東京地検(時事通信)
[PR]
# by a0bi45hr4j | 2010-01-20 04:33
 「陸山会」の土地購入を巡る事件で、政治資金規正法違反容疑で逮捕された小沢一郎民主党幹事長の元私設秘書、池田光智容疑者(32)が東京地検特捜部の調べに、容疑を全面的に認めていることが周辺関係者の話で分かった。04年の土地購入費約3億5200万円を05年の政治資金収支報告書に記載したとされる容疑について、池田元秘書が石川知裕容疑者から虚偽記載をするよう引き継ぎを受けたと説明しているという。

 周辺関係者によると、池田元秘書は「(前任の事務担当者の)石川議員から『土地購入費を04年の報告書に記載していないので05年に記載してほしい』と引き継ぎを受けた」と供述しているという。

【関連ニュース】
【写真特集】石川衆院議員:東京地検が逮捕…小沢氏の元私設秘書も
虚偽記載:「代表選を意識」石川議員、小沢氏出馬に配慮
資金提供:「元請け5000万円補てん」水谷建設元幹部
虚偽記載容疑:3人の拘置決定 「陸山会」の土地購入巡り
石川衆院議員:規正法違反容疑で逮捕…4億円虚偽記載

山梨・上野原市長に贈賄申し込み=会社代表ら2人逮捕−現金百万円返す・警視庁(時事通信)
プログラム不具合が原因=羽田空港の管制システム障害(時事通信)
小沢氏、一転低姿勢…参院選にらみ沈静化狙い?(読売新聞)
<2億円強奪ほう助>元日通社員に懲役3年求刑 津地裁公判(毎日新聞)
石川議員を再聴取、供述矛盾点ただす?(読売新聞)
[PR]
# by a0bi45hr4j | 2010-01-18 12:18
 全日本病院協会(西澤寛俊会長)の新年賀詞交歓会が1月14日、東京都内で開かれた。冒頭であいさつした西澤会長は、「診療報酬改定に2年に1回というルールはない。経済状況が多少上向けば、2011年度の改定もぜひ検討していただきたい。(12年度の診療・介護報酬の)同時改定まで待つ必要はないと思う」と述べ、2年連続の改定に期待感を示した。

 全体で0.19%のプラス改定となったことについて、中央社会保険医療協議会(中医協)の委員でもある西澤会長は、「『なぜ、もっと頑張って高い改定率にしなかったんだ』とお叱りも受けたが、今回の情勢を見ると、ある程度やむを得なかった」との考えを示した。その上で、「医療費は診療報酬だけではない。補助金や交付金もある。ぜひ足りない部分はそれらを少しでも多く、医療界に付けていただきたい」と求めた。

■「大同団結で方向性を打ち出すこともあり得る」―唐澤会長

 会長あいさつの後に祝辞を述べた日本医師会の唐澤祥人会長は、日医の組織改革に取り組むことを繰り返し強調。その上で、「国民が医療、福祉制度の中で、より安心して暮らせる社会づくりを目指さなければならない。われわれ医療担当者も、大同団結で方向性を打ち出すこともあり得る」との考えを示した。
 また、全日病などでつくる四病院団体協議会を代表してあいさつした日本病院会の山本修三会長は、「地域の医療を支えているのは、まさに民間病院とクリニックの先生方。本当の意味で元気になるような点数が付けば、きちんとした医療が地域で提供できる。ここを考えなければならない」と強調した。

 一方、乾杯前に国会議員を代表して祝辞を述べた民主党の細野豪志衆院議員は、「公的な病院でない中で、皆さんがそれぞれ経営努力をしながら、採算の合いにくい医療について努力をいただいている。これを忘れることなく、今回の改定は第一歩。これから二歩、三歩と、しっかり共同歩調をとりながら歩んでまいりたい」と、来年度以降の改定に向けた決意を述べた。


【関連記事】
同時改定に向けて決意―日病賀詞交歓会で山本会長
医法協が賀詞交歓会、政権交代の影響色濃く
入院基本料の「適正化」、引き下げなら反対−日医
【中医協】入院早期の加算引き上げへ、15対1は引き下げを検討
診療報酬改定の課題、月内に取りまとめ―民主議連

「コケ」や「花」も 多様化する「壁面緑化」(産経新聞)
カーナビなど盗み、車で店員引きずり逃走(読売新聞)
手仕事などに光、雑誌「銀花」2月で休刊(読売新聞)
ゲーム店強盗相次ぐ 茨木、城東 府警が関連捜査(産経新聞)
<ソネット>ネット利用料金で取りすぎミス(毎日新聞)
[PR]
# by a0bi45hr4j | 2010-01-16 03:36
 07年7月の新潟県中越沖地震で被災した道路で唯一、復旧工事が続いていた柏崎市の国道352号「椎谷(しいや)岬トンネル(886メートル)」が完成し7日午前、開通式典があった。午後3時に通行止めが解除され、地震発生以来約2年半ぶりに不通区間が解消される。

 国道は日本海に突き出した崖(がけ)の中腹を縫うように走っており、地震による大規模な土砂崩れで陥没などが起きた。県は原状回復を断念し、08年5月から総工費34億円をかけて不通区間を迂回(うかい)する椎谷岬トンネルを建設していた。【五十嵐和大】

【関連ニュース】
柏崎刈羽原発:7号機が営業運転再開 2年5カ月ぶり
柏崎刈羽原発:新潟県が営業運転移行を容認
東電:柏崎原発6号機、原子炉停止へ
新潟・柏崎刈羽原発:7号機が営業運転
新潟・柏崎刈羽原発:東電、6号機を停止へ

ひかるのブログ
やすおのブログ
しゅういちのブログ
てるおのブログ
otonaの事情
[PR]
# by a0bi45hr4j | 2010-01-14 17:15
 環境省は、廃棄する石綿(アスベスト)の埋め立て処分基準見直しを検討する方針を決めた。石綿は耐水性の袋で二重に梱包(こんぽう)することなどが規定されているが、最終処分場の周辺住民らから、不十分との声が上がっている。近く省内に事業者や専門家による検討会を設置する。

 建築物から除去される廃石綿には、吹き付け石綿や断熱材などがある。廃棄物処理法により健康や生活環境に影響する恐れのある特別管理産業廃棄物に指定されており、処分基準が決められている。

 同省によると、廃石綿の処分量は年間4万〜5万トンで、1割程度は高温で焼却処理される。それ以外は埋め立て処分で、全国で約40業者が取り扱っているという。

 埋め立て処分基準では、廃石綿は大気中に飛散しないように十分な強度のあるプラスチック製袋などで二重に梱包するか、コンクリートなどで固形化することを定めている。しかし、処分場周辺の住民らからは、梱包では袋が破れて石綿が飛散する恐れがあるとの懸念が出ていた。これを受け同省は石綿の専門家や処理業者などでつくる検討会を近く設置し、年度内に2回程度会合を開く予定。来年度も継続審議し、検討結果をまとめる。同省産業廃棄物課は「袋が破れる危険性があるのか有識者の意見を聞き、飛散の可能性があるなら基準を見直す必要が出てくる」と話している。【下桐実雅子】

【関連ニュース】
石綿肺:職場の従事者以外で初の確認 クボタに救済金請求
アスベスト:日野自動車とヤマハ発動機 補修用部品に含有
ヤマハ:バイクブレーキに石綿 静岡労働局が回収指示
石綿防護マスク:42都道府県、備蓄ゼロ 完備5県のみ
石綿被害:患者が中央環境審小委で意見「労災同等救済を」

看護師の仕事はプライドが大事!
人生は奇なり
ライブチャット
ネイルサロン
クレジットカード現金化 比較
[PR]
# by a0bi45hr4j | 2010-01-13 20:36