つりのことなら俺に聞け


by a0bi45hr4j
 日本相撲協会と警視庁が連携し、両国国技館(東京都墨田区)からの暴力団員排除に取り組む中、警視庁組織犯罪対策3課は初場所(10〜24日)中に土俵下の溜席(たまりせき)の「維持員席」で暴力団組長が観戦しているのを確認した。組長は相撲案内所員に促され一般席に移ったという。観戦を確認したのはこの1件だけだったが、暴力団関係者から「本当に観戦できないのか」という問い合わせが相次いでおり、警視庁は引き続き監視を強化する方針だ。【酒井祥宏、川崎桂吾】

 観戦が確認されたのは住吉会系暴力団組長。初場所9日目の18日に、向こう正面花道脇の維持員席にジャージー姿で座っていた。

 協会は昨年10月の規約改正で暴力団関係者が維持員席で観戦することを禁じたため、相撲案内所員が退席を促したところ、升席に移動した。

 協会によると、国技館の場合、原則として一括で390万円以上を寄付した法人や個人、後援団体などを維持員として承認。溜席の中でも土俵に近い300席を6年間無料で割り当てている。席の利用は原則として維持員に限られており、チケットは販売されていない。

 暴力団関係者が維持員席での観戦にこだわる理由について、捜査幹部は「相撲中継は刑務所でも見ることができる。土俵に近い維持員席はテレビに映りやすく、自分の姿を見せて服役中の組員を勇気づける狙いがあるのでは」と分析する。

 警視庁は初場所中、捜査員延べ約150人を国技館に派遣。会場出入り口で目を光らせたほか、中入り後は維持員席を重点的に監視した。

 協会からは「以前に比べて暴力団員風の人の観戦が減った」との声が寄せられたといい、捜査幹部は「協会と連携した対策が功を奏した」と話す。

 ただ、維持員席になぜ組長が座っていたのかは未解明だ。

 組対3課は、維持員が組長側に維持員証や整理券を融通した可能性もあるとみて情報収集を進める。また、一般席での観戦も禁止できるかを協会と協議することも検討している。

【関連ニュース】
日本相撲協会:暴力団お断り 警視庁、国技館特別席監視へ
暴力団:山口組が京都で勢力拡大 弘道会が中心的役割
県警:今年初の署長会議 最重点に暴力団対策 /福岡
行橋署:メール配信システム開始 管内の事件や暴力団情報発信 /福岡

皮膚から神経細胞作製=iPS経ず、遺伝子導入で直接変換−マウスで成功・米大学(時事通信)
種子島で震度4(時事通信)
<薬物密売団>愛知県警などが摘発 イラン人容疑者を追送検(毎日新聞)
定昇維持巡り厳しい攻防…春闘スタート(読売新聞)
屋外でヌード撮影容疑、篠山紀信氏書類送検へ(読売新聞)
[PR]
# by a0bi45hr4j | 2010-01-31 21:25
 鳥取の連続不審死で、鳥取市の電器店経営、円山秀樹さん=当時(57)=が殺害された昨年10月6日午前、県警の捜査員が元スナック従業員、上田美由紀容疑者(36)=強盗殺人容疑で逮捕=と同居していた男(46)=窃盗罪などで起訴=の車を鳥取市内で確認していたことが29日、捜査関係者への取材で分かった。この際、上田容疑者の姿は確認できないままだったという。

 男は上田容疑者に指示され、遺体発見現場から離れた別の場所で待機しており、県警が確認したのはこのときだったとみられる。県警は早くから上田容疑者を不審人物としてマークしていたが、殺害当日の行動や所在を確認していれば、事件を防げた可能性もある。

 捜査関係者によると、当時、県警は昨年4月に同県北栄町沖の日本海で水死したトラック運転手、矢部和実さん=当時(47)=の死亡状況に不審な点があるとして、矢部さんに100万円以上の借金をしていた上田容疑者の周辺を捜査していた。

 県警は、上田容疑者が移動の際に、同居していた男の運転する車を使っていることを把握。円山さんが殺害されたとされる昨年10月6日午前にも鳥取市内の店舗駐車場で、この車を確認したという。運転席には男がいたが、上田容疑者の姿はなかった。

 県警は、この日、男の車を追跡しただけで、上田容疑者の所在や足取りは結局つかめなかった。円山さんは県警が上田容疑者を見失っていた間に殺害された可能性が高く、県警内でも「捜査ミスではないか」と批判の声が上がったという。

 一方、上田容疑者は昨年7月ごろから自宅周辺の知人らに「警察に尾行されている」と打ち明けており、捜査の動きを察知していたとみられる。

 円山さん殺害事件後の昨年10月27日には、上田容疑者と同じアパートの無職、田口和美さん=当時(58)=が変死しているのが見つかっている。遺体からは円山さんや矢部さんと同じ睡眠導入剤の成分が検出されており、上田容疑者はこの変死にも関与した疑いが持たれている。

【関連記事】
鳥取不審死 殺害当日にあの同居男の車を確認
鳥取サギ女の“超テキトー”金銭感覚、知人男性6人怪死
プレイ?不審死男性ロープで縛り…鳥取サギ女「死ね」
鳥取サギ女の異様な私生活“ゴミ屋敷”に子供5人と同居
鳥取不審死の中に読売記者も 「子連れ女につかまった」 

小沢氏の公設秘書、大久保被告の西松献金事件公判を延期 (産経新聞)
<押尾学容疑者>保護責任者遺棄致死罪で起訴 裁判員裁判に(毎日新聞)
ネット掲示板に男児裸画像=容疑で専門学校生逮捕−警視庁(時事通信)
「30歳未満はネットも恋愛も禁止」?? 愛知県条例案に質問や抗議(J-CASTニュース)
自殺・うつ対策PT 3月に中間対策案(産経新聞)
[PR]
# by a0bi45hr4j | 2010-01-30 11:43
 2009年に全国の警察が取り扱った遺体は前年比0.6%減の16万858体で、このうち、事件性などを判断する検視官(刑事調査官)が現場に出動して調べた遺体(臨場数)は、43.4%増の3万2676体と過去最多になったことが28日、警察庁のまとめで分かった。
 臨場数は08年、統計が残る1967年以降で初めて2万体を超えたが、その後1年間で9896体増加。総数に占める割合(臨場率)も20.3%となり、6.2ポイント改善した。
 大相撲時津風部屋の力士暴行死事件で検視体制の不備が露呈したことを受け、検視官と補助者を08年度に39人、09年度は184人増やしており、同庁は「増員の効果と現場の警察官の意識向上が臨場の大幅増加につながった」とみている。
 一方、司法解剖や行政解剖された遺体は1万6184体で3.0%の微増。総数に占める解剖率も10.1%で0.4ポイントの小幅上昇にとどまった。 

【関連ニュース】
元時津風親方が相撲協会を提訴=退職金支払い請求

<足利事件>91年12月20日の県警聴取テープ(毎日新聞)
ブログやツイッター「検察に批判的」 ジャーナリストがいうのは本当か(J-CASTニュース)
<法科大学院>14校が抜本的な改善必要、12校は不十分(毎日新聞)
<枝野氏人事>たなざらし2週間 平野氏が嫉妬?(毎日新聞)
教員免許更新講習 受講者9割「よい」(産経新聞)
[PR]
# by a0bi45hr4j | 2010-01-28 22:29
 全国の警察が認知した09年の振り込め詐欺の件数と被害額は、それぞれ7340件(前年比64.2%減)、95億7912万円(同65.3%減)で、統計を取り始めた04年以降で最少となったことが警察庁のまとめで分かった。検挙の大幅増と金融機関での声かけなどの抑止対策が奏功したとみられる。ただし依然、月平均で約8億円の被害が出ており、警察庁は被害多発地域の首都圏と愛知、静岡の計6都県に限定し、2月を強化月間として取り組みを強化する。

 認知件数と被害額の内訳は▽オレオレ詐欺3057件、52億266万円(同59.9%減、66.5%減)▽架空請求2493件、31億8230万円(同23.4%減、11.4%減)▽融資保証金詐欺1491件、9億4976万円(同70.6%減、74.7%減)▽還付金詐欺299件、2億4440万円(同93.4%減、94.9%減)。

 検挙件数と人数はそれぞれ、5669件(同28.8%増)、955人(同36.6%増)と大幅に増加。ATM(現金自動受払機)周辺などでの声かけによる被害阻止数は1229件に上り、検挙率は77.2%(同55.7ポイント増)に上昇した。

 一方で、上半期(1〜6月)と下半期(7〜12月)を比べた場合、オレオレ詐欺の認知件数と被害額がそれぞれ157件、1億1400万円増加。首都圏4都県と東海4県の認知件数が全体に占める割合は14ポイント伸びて58%に達した。年間を通しての割合では警視庁が18.3%で最多、続いて神奈川7.5%、埼玉6.9%となった。

 警察庁は「中小規模の県の取り組みが進んだ結果、詐欺グループのターゲットが集中する傾向がある。今後は地域ごとにメリハリの利いた対策が必要だ」としている。【千代崎聖史】

【関連ニュース】
詐欺:容疑の男逮捕“振り込め”集団リーダーか 愛知県警
年頭部隊出動訓練:警察官2700人が参加
まちかど:振り込め詐欺被害防止4人に感謝状−−東入間署 /埼玉
まちかど:振り込め詐欺を防止 東入間署、行員2人に感謝状 /埼玉
助け合う:群馬県・防犯活動サークル「結」 留学生主体に地域と交流

神戸市の女性講師と判明 綾部市で発見の遺体(産経新聞)
緑提灯 保育園でも掲げます 国産食材50%超の証し(毎日新聞)
「不動産は小沢氏趣味」「あそこセールになってるぞ」(読売新聞)
勤務医の労働環境、「非常事態宣言したい状況」−全医連代表(医療介護CBニュース)
<新型インフル>輸入ワクチン、購入希望は1県…初回出荷分(毎日新聞)
[PR]
# by a0bi45hr4j | 2010-01-27 14:03
 小中学校に設置した風車が回らず、発電事業が実現しなかったとして、茨城県つくば市が業務を委託した早稲田大学などに約3億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は20日、早大に約2億円の支払いを命じた一審判決を変更し、早大に約8950万円の支払いを命じた。
 小林克已裁判長は、つくば市は事前に風力発電の事業化は困難と把握していたと指摘。交付金が出る国のモデル事業に選ばれるため、風が弱く風車の稼働率が低いことなどを早大に伝えていなかった同市の過失は格段に重いとして、早大の過失割合を3割にとどめた。 

【関連ニュース】
自治体の「25%削減」支援=地域ぐるみで温暖化対策
所得補償法案、国会提出先送り=農水相
10アール1万5000円を一律支給=コメ所得補償で詳細
24道府県が減産=10年産米の生産目標
戸別所得補償の対象限定=地方・農家が費用負担も

社民グアム調査団 米側受け入れ拒否(産経新聞)
<振り込め詐欺>09年の被害、過去最少 それでも月8億円(毎日新聞)
<雑記帳>遠野の「語り部」289人を認定(毎日新聞)
首相動静(1月20日)(時事通信)
<著作権法>新聞協会が反対意見書 2次利用緩和に(毎日新聞)
[PR]
# by a0bi45hr4j | 2010-01-26 02:15