つりのことなら俺に聞け


by a0bi45hr4j

「25%減」に理解求める=温室ガス、日商会頭に−小沢環境相(時事通信)

 小沢鋭仁環境相は21日、都内のホテルで、日本商工会議所の岡村正会頭や幹部と懇談した。岡村氏は、地球温暖化対策の新たな枠組み(ポスト京都議定書)をめぐる国際交渉について、「主要排出国の参加や(日本と他国の温室効果ガス削減目標の)公平性、環境と経済の両立を確保するとの信念を通して当たってほしい」と要望。これに対し同相は、政府が掲げる「温室効果ガス25%減」目標をてこに、他国にも高い目標を掲げるよう働き掛けることを説明し、理解を求めた。 

【関連ニュース】
環境税、プロジェクトチームで検討へ=2月中にも設置
住生活G、太陽光発電設備を製造・販売
10年規模の変動を初予測=太平洋の海面水温、気候に影響
途上国の環境技術支援=アジア中南米フォーラム閉幕
同盟深化、見えない具体像=影落とす普天間

授業中の中学校でボヤ、生徒630人が避難(読売新聞)
<神奈川県>不適正経理14億円 5年間で5073件(毎日新聞)
訪問看護支援事業、「行政の意識が重要」―厚労省検討会が初会合(医療介護CBニュース)
「児童」受給者は申請免除=子ども手当で−厚労省(時事通信)
秋山被告に懲役3年求刑 防衛コンサル料脱税(産経新聞)
[PR]
by a0bi45hr4j | 2010-01-23 14:42